Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

第11回オープンセッションを行いました。
当日は「解放」と「模倣」の間で -在日朝鮮人文学の「言語問題」再考」-について活発な議論が行われました。


【日時】 2016年6月27日(月) 15:00~17:30
【場所】 東京大学 駒場キャンパス 18号館 コラボレーションルーム2
【講師】 曺恩愛(チョ・ウネ) 氏  韓国・東国大学校 講師
東京大学大学院総合文化研究科 外国人客員研究員
(公益財団法人日韓文化交流基金 訪日研究者)
【題目】 「解放」と「模倣」の間で─在日朝鮮人文学の「言語問題」再考─ ※ 使用言語: 日本語
【主催】 東京大学 教養学部 教養学科 地域文化研究分科 韓国朝鮮研究コース
東京大学 東アジア・リベラルアーツ・イニシアティブ(EALAI)
【問い合わせ先】 三ツ井 崇(韓国朝鮮研究コース主任)
e-mail: korea◎phiz.c.u-tokyo.ac.jp
(◎はアットマークに置き換えて下さい)