Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

 

テーマ:朝鮮近現代女性が「書く」ということ(한국 여성의 글쓰기)

 

日時:2019年11月11日(月) 4~5限

会場: KIBER 314

主催:教養学部 地域文化研究分科 韓国朝鮮研究コース

共催:東アジアリベラルアーツイニシアティブ(EALAI)

 

[講演1] 張瑛恩(チャンヨンウン) 氏(成均館大学校招聘教授)

「女性が自ら語るということ─近代女性知識人の自己語りとその政治的可能性─」

[講演2] 崔順愛(チェスネ) 氏(文教大学非常勤講師)

「在日コリアン女性の語り─『鳳仙花』を中心に─」(仮)

 

※講演は日本語、質疑のみ通訳

問い合わせ先: 三ツ井 崇(韓国朝鮮研究コース主任) korea@phiz.c.u-tokyo.ac.jp